言葉の魔法使い

Close

何気ない「言葉」が予想外の反応をうむかもしれない

言葉の魔法つかい 村田です。

普段の会話や文章のなかで
何気なく使ってしまう言葉に
よくない意味を感じ取る人もいます。

悪意ある解釈で発生するのではなく、
発信する側も受け取る側も
その気はなしに起こり得ます。

実は言葉のなかには
もともとの意味が薄れてしまっているものも
少なくありません。

たとえば「無罪放免」。
「疑いがなくなった」という意味で
使ってしまいがちなのですが、
もともとは
「無罪であると判明した被疑者が釈放されること」
といった意味があります。

つまり、その前の状態は有罪だったとも取れるわけです。

こういった言葉は使う状況によっては
予想外の反応を引き起こすことがあります。
言葉をどう解釈をするかは人によって違います。

その言葉にどういった印象を持っているかで
受け取った時の反応は結構変わるので、
発信する側はOKと思っていても
他の人が聞くと心に引っ掛かってしまう
ということが起きます。

これを完全になくすことはできないと思いますが、
情報発信するのであれば、
意図とは違う解釈をされる可能性があるということは
しっかり意識しておかないといけないと思います。

【明日のむらた】

いまさらですが……
大豆ミートというものを初めて食べました。

豆腐みたいな食感をイメージしていたのですが、
ちゃんと肉っぽくておいしいのにびっりしました。

記事一覧はこちら

カテゴリー

ギャラリー

お問合せはこちらから